2015/10/03

el capitanさんとクリスタさん


 Mac OS X 10.11ことel capitanさんが公開になりました。
 パフォーマンスの向上を謳っていたりしており、気になったので入れてみた話です。

 el capitanさんはbetaのときに実はインストールをしていたのですが、beta3のころにアップデートが失敗するようになり(アップデートのプログレスバー1/3くらいで止まってしまう)、betaに付き合うのをやめてしまいました。
 その時の感触ではyosemiteよりはクリスタのペン遅延が軽いという印象でした。
 プリインストールされているmountain lionよりは遅いのですが、対応しないソフトが出始めているので新しくしたい、と正式なel capitanには期待をしていました。

 betaのアップデート失敗で起動不能になったため、mountain lionに戻って2ヶ月ほど、ついにel capitanさんが正式版を迎えました。
 早速アップデートして、Time Machineやspotlightの処理が終わりさてクリスタはどうだと起動してみたら、これが遅延がひどい。
 Mac版のクリスタはペンの遅延はよく出る話題で、セルシス側もドライバの優先度などを調整する設定がMac版だけには搭載されています。
 ここを変えるとペンの挙動が変わるのは知っていたので、色々変えては再起動を繰り返しましたが、大きな変化はなし。
 (セルシスが公開している対処法も同じもの)
 他のソフトは問題ないところをみると、どうもクリスタとの相性ぽい。
 
 ちょうど、同様の挙動の人が動画にとってアップしていました。こんな感じです。


 円をぐるぐる描くと半周どころではなく遅れて来ます。
 さらにペンを付けた状態で動きを止めると、描画追いつくわけでもなく、半周ほどずれた位置で止まる、という感じ。でペンを上げると残りがギュッと描かれる。

 一通りいじってみたのですが治らず、結局mountain lionに戻ってしまいました。
 いつまでも古いOSを使ってるわけにはいかないし、最近のadobeのソフトは動かないし、買い換えるにしても4コアなMac miniは出ないしと悩ましいところですが、mountain lionのピタッとペン先に描画がついてくる感触には勝てずです。

 Macの世代で大きく改善するのならいいのですがねー。
 PCはプリインストールされたOSが一番快適、ということなんでしょうか。