2016/11/12

iPad ProをMBAみたいにするキーボード

iPad Proにまつわるキーボードの旅


 以前、この記事でiPad ProにはMagic keyboardが良いよ、という記事を書きました。
 ただこの方法には欠点があります。それはキーボードが固定できない、ということ。
 普通に座った膝の上で使う分にはあまり困らないのですが、ちょっと変な姿勢になるとキーボードが動いたりするんですね。
 そこでなんか良いケースが無いかなぁとamazonをふらついていたらありました。





 iPad pro用のbluetoothキーボードです。
 奇しくもケースと同じところのですが…。
 キーボードのヒンジのところにiPadを差し込んで使います。
 開閉も出来るのでぱっと見クラムシェルのようになります。
 キーボードは個人的には残念なUSキーボードです。当然、「英数/かな」キーでの言語切り替えが出来ませんが、iOS10になってから言語切り替えがcapsキー一発で出来るようになったので随分楽になりました。

使い勝手


 キーピッチなどはiPad Pro 12.9のサイズに合わせてあるので計ってこそ無いですが雰囲気は普通です。妙に詰まった感じはありません。
 Magic keyboardの時と違い手前にかなり大きな空間があります。ここはMBPやMBAならタッチパッドがあるところですが、iOSはマウス類が認識しないのでこれはただのパームレストとなっています。
 タブレット部分は110度開閉します。途中の角度でも停まるので好きな角度で使えます。
 iA Wirterとかで文章を書いていると使い勝手はノートPCです。
 ただ少しbluetoothの電波の具合が悪いのか変なもたつきを感じるときがあります。ただキーボードの電源を入れ直すと解消します。
 これは純正のMagic Keyboardでは起きないので、このあたりはさすが純正というところですね。

質感


 見た目はアルミっぽいフォルムですが実際はプラスチックです。
 そのせいかパームレスト部分は少したわみます。
 またスペースバーが少し渋い感触があります。気になる人は気になるかもです。
 タブレットを挟み込む部分は傷が付かないようにスポンジのような素材で出来ていますので、特に傷つくようなことはなさそうです。
 ただ、挟み混むという構造上、ケースと併用は出来ないと考えた方が良いでしょう。
 わたしは背面くらい傷が入っても良いかと割り切っています。
 ちなみにキーボードの四隅にはゴム突起があり、キーボード部分が液晶に当たることはありません。

重さ


 bluetoothキーボードの宿命でバッテリーをキーボード側にも搭載している関係でそこそこ重さがあります。
 ただでさえ重たいiPad Pro 12.9をいっそう重くします。
 電源が本体から供給されるsmart keyboardや驚異的な軽さのMagic keyboardに比べる残念ポイントです。

装着のコツ


 装着時のコツですが、挟み込むところが寝ている時、つまり蓋が閉じている状態でキーボードと擦り合わせるように押し込むと綺麗に嵌まります。
 逆に起こした状態で差し込もうとすると、ヒンジが折れそうでちょっと怖かったです。


総評

 このキーボードを買ったのは実は3ヶ月ほど前だったりします。
 公私共々色々あったんですよ…。
 さてさて、質感や重さ、時々起きるもたつきなどありますが、iPad ProがMBAみたいなルックスになるという面白いガジェットでした。
 総合的な打鍵感はさすがの純正のMagic keyboardには劣るものの、姿勢や状況をによって使い分けると良いかと思います。
 ただ構造的にペンを使うのはちょっと厳しい角度になります。110度といわずもっと倒れてくれたら良いんですけどね。同じ理由でデレステみたいなゲームも手の甲の角度が厳しいです。
 裏技的に180度回転させてタブレット側を手前に来るように持つという手もあるんですけどね。


iPad Pro 12.9 キーボード - ATiC iPad Pro 12.9専用回転軸式 リチウムバッテリー内蔵 USBケーブル付き ワイヤレス ブルートゥース キーボード(Wireless Bluetooth Keyboard) SILVER
iPad Pro 12.9 キーボード - ATiC iPad Pro 12.9専用回転軸式 リチウムバッテリー内蔵 USBケーブル付き ワイヤレス ブルートゥース キーボード(Wireless Bluetooth Keyboard) SILVER